R001 オネット 「ネスの部屋」のレビュー -Onett: Ness's Room-

レゴにちは!

マザー2とレゴが大好きなブリックロードです☆


Good Lego-ning!

I'm Earthbound lover and Lego lover, Brickroad!



さあ、今回のコンテンツは、ジャン!ネスの部屋でございます!

ワーイ、パチパチパチ☆

普通に四角い部屋バージョンと、マザー2でおなじみの45%くらい開いてるマザービューバージョンの両方を再現してみました☆


Today, I'll show you my new work, "Ness's room"!

Yeah! I build a normal version and an angle of 45 degrees, Earthbound-view version!

OK, here we go!




ness's room 10
通常バージョンの上からビュー。こじんまりした感じ。
Normal version; upside. a tiny room.



ness's room 11
通常バージョンの正面から。ネスの首が浮いているのはご愛嬌(笑)。
Normal version; front.



ness's room 12
通常バージョンのネスのアップ。すやすや。
Normal version; close-up of Ness's face. zzz...



ness's room 13
そしてマザー2アングルバージョンの上から。部屋が大きくなりました(笑)。
Earthbound-view version; upside. Looks like the room becomes a little bit bigger.



ness's room 14
マザー2アングルバージョンの正面から。夜なのでカーテンが閉まっています。
Earthbound-view version; front. Since it's in the night, so the curtains are closed.



ness's room 15
マザー2アングルバージョンのアップ。これはあまり変わらず。
Earthbound-view version; close-up of Ness's face.



いかがでしたか?個人的にはけっこうカワイイ部屋に仕上がったなと思います☆

今日もありがとうございました☆

次回はマザー2のストーリーの開始っぽく、明りの消えた部屋にしてみたいと思います☆

How was it? I think this room is also very cute as same as Ness himself!

Thank you very much for visiting!

See you soon!


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

ミスター・ブリックロード

Author:ミスター・ブリックロード
 たまたま本屋でレゴの本が目に止まり、クリエイターモジュールシリーズの世界観に一瞬で魅了されて、数十年ぶりにレゴ「グランド・デパート」を購入。
 そして箱を眺めながらマザー2の「フォーサイド」を思いだし、マザー2の世界観はレゴにぴったりだと思いブログを作るに至る。

Author:Mr. Brickroad
I happened to find the book of Lego in the bookstore, and was fascinated by the world of the creator module series in seconds, so I purchased Lego "Grand Emporium".
While watching the box of "Grand Emporium", I remembered the "Fourside" of Earthbound, and I thought the view of the world of Earthbound can completely synchronize with Lego and decided to create this blog.

ご連絡はこちら(Mail Me)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR



↑気に入っていただけたら
ここを「チェック」
"Check" this banner
if you like this blog
このページのトップへ